« 太田道真・道灌の著作 | トップページ | 星亮一著「会津籠城戦の三十日」 »

秀吉の陰謀かー名胡桃城・沼田城

 天正十七年(1589)春、秀吉による沼田城裁定により真田方が沼田領3分の2を北条に割譲され、名胡桃城は真田領分とした。沼田城は北条氏邦の重臣の猪俣邦憲が城代として配置されたが、天正十七年(1589)10月末に猪俣邦憲により名胡桃城は攻め落とされた。

Photo_3

Photo_2

 ( 下は名胡桃城本丸跡)(上は名胡桃城から見た沼田城)

利根川を挟み近距離だ。北条にとり目障りだったのか。

Photo_6  (左は沼田城本丸跡)

真田信幸は松代に移籍され、沼田城は天和元年(1615)に徹底的に破却された。徳川秀忠による真田への恨みを込めての沼田城の破却であり、一部の石垣がわずかに残されている。現在は沼田公園と称して、城址公園として名乗れないわけだ。

Photo_7  沼田城から名胡桃城はすぐ目の前だ。北条は本当に秀吉裁定を破っても名胡桃城を欲しかったのか?

 池波正太郎の「真田太平記」では秀吉により北条征伐の大儀名文のため、秀吉側が仕掛けてとしている。

 しかし、沼田城から見る名胡桃城は目障りな城とも思える。

 沼田城、名胡桃城とも利根川にそった断崖絶壁を活用しての城作りだ。

|

« 太田道真・道灌の著作 | トップページ | 星亮一著「会津籠城戦の三十日」 »

城址訪問」カテゴリの記事

コメント

私は群馬県赤城村の在でしたから沼田の話は懐かしく、感慨深くみさせてもらいました。これからも素敵な映像と歴史秘話を楽しみにしています。

投稿: ゴンタの菜園 | 2010年10月30日 (土) 09時57分

ブログ再開、慶賀に存じます。

投稿: お気楽亭 | 2010年10月30日 (土) 13時26分

ブログ更新がしばらく無かったので心配、どうしているのやらと?
大変永らくご無沙汰しておりましたが、いかがお過ごしですか?
私は、東京と富良野を行ったり来たりして、漸くログハウスが完成。庭造りや畑仕事、地元の人々との交流など,
広大な北の大地での生活を満喫しています。
これからも度々お邪魔します。よろしくお願いします。
富良野より。asaki

投稿: yumemishi | 2010年11月 3日 (水) 11時23分

歴史好きの子供と一緒に拝見致しました。
歴史の授業で覚えて来た事を地図等見ながら、
アレヤコレヤbook
お城、城主の名前を話しています。
そんな親子で、写真を覗き込んでしばらく固まっておりました。
興味深いお写真と、解説とても勉強になります。
また、時々お邪魔させて頂きます。
まだまだ寒いので調査中はお体、ご自愛下さいE:note]

投稿: モンブラン | 2011年2月 2日 (水) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233525/37452214

この記事へのトラックバック一覧です: 秀吉の陰謀かー名胡桃城・沼田城:

« 太田道真・道灌の著作 | トップページ | 星亮一著「会津籠城戦の三十日」 »