« 上田城石垣は『たそがれ清兵衛』のロケ地にある | トップページ | 菜園の土塁を石垣にする―守るのは愛猫 »

人が客車を動かす―鍋山栃木間の人車鉄道

Photo 栃木市吹上の公民館に鍋山人車鉄道のレールが展示されている。レールの重さは12ポンドと一般の鉄道レールの重さ60 ポンドと比較し、非常に軽量に出来ている。ダンプトラックがレールの上を通過したら耐えられない。人車鉄道は別名人車軌道と言われ、道路に敷設された鉄道路

    (吹上公民館にあるレールの展示品)

線の車両を人の力で動かす交通機関のことを言った。建設コストを含めた初期投資の少なさ、動力としての人件費の安さとその維持の容易さ、運行の簡便さで、基幹鉄道への接続を目的とした小規模な地域密着の路面交通機関として明治から大正初めかけて東日本を中心に運行されていた。

Photo_2 鍋山人車鉄道は明治35年(1900)に鍋山石灰を運ぶため、鍋山の門沢(かどさわ)と両毛線栃木駅間にできた人車鉄道である。全長15.9キロ、貨車30両、客車8両で鍋山門沢の海抜150mと栃木駅の海抜42mとの勾配を活用しての運行であった。

 (鍋山門沢付近、前方が鍋山)

栃木に石灰を運んだ貨車(トロッコ)は帰路に鍋山やその周辺への生活物資の輸送も行なっていた。『トロッコオシは帰りが良い。栃木から酒・樽を頼まれて運んでくるから駄賃が入る』と「栃木口語り」の中に出てくる。

 鍋山の石灰は別名『野州石灰(やしゅういしばい)』と言われ、江戸初期の慶長年間より生産されていた。江戸時代には徳川幕府勘定方の支配下に置かれ、鍋山から駄馬にて栃木河岸に運び、うずま川舟運にて江戸に運ばれていた。生石灰は水をかけると燃える。舟運での運びの途中、川の水を浴びて舟が燃えたのではないかと想像できる。

Photo_3 明治に入り、建築資材の需要の増加で大量の石灰を東京に運ぶためできた人車鉄道であった。 当初の運行は鍋山―寺尾ー吹上ー野中ー栃木高校の西側ー栃木問屋街ー栃木駅であった。しかし問屋街を通過するため、石灰の粉塵や『人鉄(じんてつ)の人殺(じんさつ)』と   

新聞に揶揄されるなど人身事故が多発していた。そのため、問屋街を避けるため、昭和5年(1930)に野中から右折し、野中ー五差路ー栃木女子高東ー栃木駅の西という路線の変更を行なった。

Photo_4 昭和16年(1941)にガソリン機関車を導入したが、戦後のトラック輸送には勝てず、昭和35年 (1960)にこの人車鉄道は廃線となった。子供の頃、貨車(トロッコ)を見た記憶はないが、五差路の交差点にあったレールは見ている。レールは草の中にあった。

(上の写真が五差路の交差点、下が栃木女子高東側の道路で前方が五差路)

 栃木女子高の東側の道路には敷設跡の表示がない。鍋山に向かって道路の右側にレールがつづいていた。

 大正2年(1927)8月発行の『吹上郷土誌』の中に鍋山人車鉄道のことが記載されている。これが面白い。要約すると『栃木駅との汽車との接続は、人力のため遅刻があり、あてにできない。客車6人の定員のため満車で乗車できず、次の客車も同様に乗車できない。幸い乗車できるのに1時間から2時間は待つ。これも村落交通機関としてやむを得ないことなのか』と嘆きの記述がある。当時の客車を待つ村人の生活が滲み出ている。

Photo_5  数年前「葛飾柴又寅さん記念館」に行った。そこで柴又と金町を結ぶ『帝釈人車鉄道』のミニチュア模型が展示してあった。客車には寅さんが乗っており、模型の客車が動いていた。『平らの所でないと動かせないな』と思ったりした。         

 

   (寅さん記念館にある人車鉄道客車のミニチュア模型)

 それにしても、当時の貨車や客車、軽便鉄道の機関車の実物車両等は鉄道博物館で観る事が出来るのかな?

                                                             《夢野銀次》

《参考資料》

とちぎ市民学舎講座「鍋山の石灰と人車鉄道」、「栃木口語り」(瑞木書房)、「大正2年版、吹上郷土誌」

|

« 上田城石垣は『たそがれ清兵衛』のロケ地にある | トップページ | 菜園の土塁を石垣にする―守るのは愛猫 »

栃木のまち」カテゴリの記事

歴史散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233525/41176663

この記事へのトラックバック一覧です: 人が客車を動かす―鍋山栃木間の人車鉄道:

« 上田城石垣は『たそがれ清兵衛』のロケ地にある | トップページ | 菜園の土塁を石垣にする―守るのは愛猫 »