« 人が客車を動かす―鍋山栃木間の人車鉄道 | トップページ | 映画「悪人」「フラガール」-それは『再生』だ »

菜園の土塁を石垣にする―守るのは愛猫

Photo 山や岩に神が宿ると云われて来ている。

 鎌倉後期から南北朝争乱に出現した山城は痩せた尾根を利用して、巨岩や岩盤が露呈する尾根山頂部を本郭とした。

 石垣は土塁を強度するためではなく、石座(いわくら)信仰によるところの神が城を守るところからきている。

Photo_3

 わが菜園を囲む土塁(盛土)に当初「龍の髭」を植えようかと思っていた。

しかし、周辺の畑の中に川石がごろごろ散在してるの見て考え直した。近所の農家にこの石をいただきたいとお願いをした。『家も助かるよ。どんどん持って行きな。そうだ、イチゴハウスのところにたくさんあるから、それももって行きな』と快く承諾を得た。

 菜園を囲む土塁を石垣にすることにした。

Photo_9  土塁(盛土)は南側が22.48m。西側が22.35mとかなりの距離がある。

 石垣は野積ら積みでゆっくり、あわてずに行なうことにした。今年中に完成を目指す。

Photo_4

 わが菜園を縄張りとして守るのは『夢野』と『銀太』だ。

Photo_5 メスの夢野は前方にある農家の畑(麦だけ植える)を偵察と探索をよくする。

Photo_6

この畑には『もぐら』が出没するという。

ねずみが好物な夢野だが、もぐらを追い払うこともできるだろう。

Photo_7

オスの銀太は夢野のように遠方には行かず、専ら菜園内を巡回する。

Photo_8 さらに、耕した柔らかな畝が大好きだ。畑の中での用便が最高だ。

これも尊い肥料としていく。

|

« 人が客車を動かす―鍋山栃木間の人車鉄道 | トップページ | 映画「悪人」「フラガール」-それは『再生』だ »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

こんにちはnote

初めてコメントさせていただきますhappy01

凄く長い石垣を手掛けられるのですねcoldsweats02
確かに焦らずやらないと途方に暮れそうですね。
私も庭に石垣ではありませんが、レンガか枕木を。。。
と考えているのですが、なかなか重い腰が上がりませんsweat02

長丁場になると思いますが、石垣の完成を楽しみにしておりますshine
可愛い猫ちゃん達のお写真ほのぼのと見させていただきましたcat

投稿: ほな | 2011年9月 3日 (土) 12時03分

ほなさん、コメントありがとう。
石垣作りは雨台風のため少し中断しています。天気の回復を待って、続けていきます。『継続は力なり』ですネ。

投稿: 銀次 | 2011年9月 8日 (木) 11時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233525/41239096

この記事へのトラックバック一覧です: 菜園の土塁を石垣にする―守るのは愛猫:

« 人が客車を動かす―鍋山栃木間の人車鉄道 | トップページ | 映画「悪人」「フラガール」-それは『再生』だ »