« 都賀三十三観音霊場めぐり―第3回10月1日 | トップページ | 都賀三十三観音霊場めぐり―第4回10月8日 »

風に舞う『赤とんぼ』

Photo  秋風が漂う夕暮れ時に私の菜園には赤とんぼが舞い、支柱に佇(たたず)んでいる。 

収穫前のさつまいも、サトイモを見ているのかな。

~夕焼け小焼けの 赤とんぼ 負われてみたのは いつの日か~

Photo_21


童謡の『赤とんぼ』の歌詞は大正10年(1921年)三木露風が故郷の兵庫県損保郡龍野町で過ごした子供の頃の郷愁から作ったとされ、童謡集『真珠島』に発表した。その後、昭和2年(1927年)に山田耕作が曲を作った。

~山の畑の 桑の実を 小かごに摘んだは まぼろしか~

Photo_3 

子供ころ観た映画で題名が想い出せない。殺人を犯し、刑務所を脱走した若者が逃走する映画だ。徘徊する農家の炊事場の窓越しから見る夕焼け。バックには『赤とんぼ』の曲が流れていた。東宝映画に間違いないのだが…。

~十五でねえやは 嫁に行き お里の便りも 絶え果てた~

 

Photo_4 
 

黄金色に実っている稲穂の収穫がもう少しで終了する。

 10月9日・10日は近辺では体育祭や神社の秋祭りがある。

 冬はそこまで来ている。

Photo_5 

  安田祥子・由紀さおりが唄う『赤とんぼ』はきれいすぎる。都会から見た郷愁の唄なのか。

 たよりなく風に舞い漂うように飛びかう赤とんぼ。秘められた強さを感じるの私だけなのかな…。

赤とんぼ、青空に向け飛んでいきなさい。

~夕焼け小焼けの 赤とんぼ とまっているよ 竿(サオ)の先~

|

« 都賀三十三観音霊場めぐり―第3回10月1日 | トップページ | 都賀三十三観音霊場めぐり―第4回10月8日 »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

最近、秋が短くなってきているような気がします。
秋を存分に感じさせていただきました。

東宝の映画はなんでしょうね?

投稿: zack | 2011年10月 8日 (土) 08時55分

zackさん、こんにちわ。
今日も(10月8日)快晴でした。
寒い日と暑い日が連動していますが、
秋を楽しみましょう。

投稿: 銀次 | 2011年10月 8日 (土) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233525/42324014

この記事へのトラックバック一覧です: 風に舞う『赤とんぼ』:

« 都賀三十三観音霊場めぐり―第3回10月1日 | トップページ | 都賀三十三観音霊場めぐり―第4回10月8日 »