« 市川崑『おとうと』-栃木・蔵の街かど映画祭 | トップページ | 麦の穂が黄金になると田植えの始まり »

葬列から告別式へ―勝田至編『日本葬制史』

51scfb0mbnl_ss500_1   「亡くなった〇〇さんの出棺が午後3時。門送りをしますので〇〇さん宅の前に午後2時45分に集まってください」。先日、町内の役員が私の家に伝えに来た。「門送り(かどおくり)」って何なのだろうか?今まで経験したことがなかった事だ。通夜・告別式を行なう斎場に向かう棺を自宅から送る際に近隣住民が見送る行事のことだった。喪主は出棺の際、集まった近隣住民にお見送りのお礼の挨拶をする。また葬儀が終了した後も近隣住民宅一軒々お礼の挨拶をして回る。この地域では葬列から斎場で行う告別式に変わってからもずっと行っている葬儀の一環だそうだ。ある地域では門送りをやめ、告別式だけ参加を決めている所もあるという。

 平成24年(2012)5月に吉川弘文館発刊のテーマ別通史シリーズ、勝田至編の「日本葬制史」を読んだ。裏表紙には『古来、人々は死者をどのように弔ってきたのか。死体が放置された平安京、棺桶が山積みされた江戸の寺院墓地など、各時代の様相は現代の常識と異なっていた。日本人の他界観と、「死」と向き合ってきた葬制の歴史を探る』との視点が書かれてある。執筆者は6人で「葬送から墓制の歴史をどうとらえるか」から始まり、1原始社会・2古代・3中世・4近世・5近現代の葬送と墓制について記述されている。

 A0041
  著書には古代から平安時代にかけて、一般民衆は風葬、つまり地上に死者を置いてそのまま帰るのが普通であったとし、平安京では京を流れる河川の河原が風葬地だった。朝廷は無秩序な葬送を禁止し、代わりの葬地を貞観13年(871)に指定したり、平安京の郊外の山野(蓮台野・あだし野)も葬地として使われるようになったことの記述が出てくる。また、京内の道路や空閑地にも遺体が遺棄されたとされていた。遺棄された遺体は犬に食われる。それを民間の「聖」が霊魂供養を行っており、現代人から異様にみえる遺棄葬である。しかし、平安時代においてはかなりの庶民がこうした葬制を採っていたとしている。風葬という葬送、初めて知った。墓地は近世になって増加していったのだ。

 近世、江戸期の葬制の中でゾクッとした箇所がある。西木浩一氏の「墓標なき墓地の光景」と形容する江戸下層民の埋葬実態を紹介している箇所だ。『新宿区の旧円応寺の様相の異なる2つの墓地の遺構。1つは墓道に沿って墓が一定のままで整然と並んでいる。もう一方はそうした整然さがまったくみられず、逆に埋葬遺構が幾重にも折り重なるように密集していた。そこは土葬とは言っても、さして深くない墓穴に棺桶を入れ、その上にちょいと土をかけた程度の埋葬していたところで、しかも新しい棺桶が以前埋められた古い棺桶を上から押し潰し、棺桶が小山のように積み重なっている区域。誰がどこに葬られているかわからない。我々の想像を絶する「墓標なき墓地の光景」の登場だ』と執筆者の木下光生奈良大教授が紹介しての記述がある箇所だ。

 4988003258788_1l1この「墓標なき墓地」に埋められたのは都市の下層民であることを西木氏が突き止めたとしている。一つは単身の日用者(日雇い単純労働者)ともう一つが裏店(うらだな)層とよばれる小規模町人たちだったとし、亡くなった場合には人宿が遺体を引き取り、人宿らの檀那寺に日用層は葬られた。この墓地を「投げ込み」の光景と紹介している。

 古今亭志ん生の落語「黄金餅」の世界と瓜二つだと思えた。江戸の貧乏裏長屋、一分金・二分銀を饅頭に包んで飲み込み亡くなる西念坊主。それを隣の壁から見ていた金兵衛が葬式を仕切って、金子を手に入れ饅頭屋として成功する話。樽の棺桶、長屋からの葬列、金兵衛の檀那寺、火葬場での噺。実にグロテスクな噺だが、志ん生の噺は茶目っ気を含んでおかしく明るい。そして、死者を乗り越えていく生命へのエネルギーをみなぎらしている語りとなっている。「黄金餅」は江戸のリアルな庶民の葬送をあらわした噺だと改めて思った。江戸期の下層庶民階層の生活実態、まだまだ学んでいく必要を感じた。

 
0041 5の近現代の葬送と墓制では明治維新による廃仏毀釈についての記述がある。明治維新で神道国教化を推進するため徳川の寺請制度により幕藩体制の一躍を担った寺院を無力化するために行なわれたこと。江戸期では神職といえども仏式の葬儀が行われ、神葬祭は認められなかったこと。明治6年(1873)に「火葬」は仏教的とみなされ禁止された。しかし2年たらずの明治8年(1875)に火葬禁止は解除された。葬儀は人民の情を抑制するものではなく、特に取り締まらくても行政上問題なしという理由だが、実際は禁止されても火葬は行われていたと記述されている。

10gou1_2  自宅から出棺した棺を囲み、幟、花飾りを歩いて寺院、火葬場に行く「葬列」は大正時代から廃止されていった。交通の便、火葬場までの歩く距離の長さ、霊柩車の出現があげられるが、何よりも参列者への引き出物の財政負担が大きかったとしている。仏式を排除すのを目的として告別式が生まれた。しかし、現在の告別式はいつの間にか洗練された宗教形式の葬儀に変わっていると指摘している。

 死者を地域の共同体から他界に送り出す葬列から死者に別れを告げる儀礼として告別式に変わった。かつての葬列での飾りは告別式の祭壇になっているとしている。

 4の近世の葬送と墓制で、抽象的な「先祖」を供養するのではなく、「親、夫や妻といった特定人物に対する追憶主義的供養」が江戸期の下層民はあったとする指摘。現在でも通用する供養の考えと思えた。

 冒頭の「門送り」。地域の集落(共同体)から送り出す「葬列」の流れとして今も続いている行事であることが分かった。それだけでもこの書物、読んだかいがあった。

                              《夢野銀次》

|

« 市川崑『おとうと』-栃木・蔵の街かど映画祭 | トップページ | 麦の穂が黄金になると田植えの始まり »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233525/45407936

この記事へのトラックバック一覧です: 葬列から告別式へ―勝田至編『日本葬制史』:

« 市川崑『おとうと』-栃木・蔵の街かど映画祭 | トップページ | 麦の穂が黄金になると田植えの始まり »