« なだらか喜連川丘陵―早乙女坂古戦場 | トップページ | 固い防御の城-氏家「勝山城」 »

紅葉-日光戦場ケ原・小田代原を歩く

Photo 「紅葉の戦場ケ原をみんなにみせたいんだ」と仲間の発案で10月22日、日光の戦場ケ原に行ってきた。その言いだしっぺの奴、後の段取り他の者に任せルンルンと参加してきた。

 しかし、前日に熊4匹が出たため戦場ケ原の中央は通行止めとなっていた。

 そのため、コースは湯滝から小田代原を通り赤沼に行くコースに変更となった。

Photo_13  滝の上から流れ落ちる激流は圧巻だ。コースはこの『湯滝』から始まった。もっとも赤沼の県営駐車場に車を停め乗合バスを利用して「湯滝」にいくことになっていた。しかし、駐車場は満杯で入れない。「月曜日なのに。これがシーズンというものかな」と嘆く。その先の三本松の駐車場に車を停めて、バスを待つ。しかし来ない。よって2.2キロを湯滝に向けて歩いた。車がひっきりなしに行き交う。交通量の激しい奥日光だ。

Photo_5 それでも「湯滝」は迫力のある滝だと恐れ入った感があった。

 「湯滝」から「湯川」に沿ったコースで戦場ケ原にむけて歩く。

 紅葉は少し終わっていたが、所々紅く染まったていた。

Photo_8
 奥日光は何年ぶりかな…。

 確か作新学院が甲子園で春夏連続優勝した年の春、観光バスの中で野球実況中継を聞いた記憶がある。昭和37年ということになる。その時は「いろは坂」を下っていた記憶がある。

 「いろは坂」は「第2いろは坂」が開通しており、昇り下りが別々になっていたこと、今回初めて知った。

Photo_12 奥日光は「竜頭の滝」まで見ていた。

それから先の戦場ケ原や湯滝は初めて見る、歩く世界だった。仲間との昼食弁当、それぞれ持参した「おかず」を美味しくいただいた。

 

 

 

 歩きながら熊の出没も心配したが、「熊の鈴」を持参した仲間もいた。できるだけその人の後ろ歩いた。

 銃を担いだ猟友会メンバー10人ともすれちがった。

Photo_10 

 小田代原を眺めながら「小学校の頃のように写生したいな」と思い浮かべた。絵を画く時間、デジカメでの一瞬ではない自分の時間、世界だ。

 

 10年前従兄の「クツヤノケンチャン」から戦場ケ原をスケッチしたハガキを受けた。文面には「一歩引いて見ている」と私のことを書いていた。そのケンチャン、学校の教諭をやめて何処かへいなくなった。好きな絵を画きながら、山の彼方で暮らしていることと思っている。

来て良かった。歩いて良かったナ。見て良かったネ。

                                《夢野銀次》

|

« なだらか喜連川丘陵―早乙女坂古戦場 | トップページ | 固い防御の城-氏家「勝山城」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233525/47554478

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉-日光戦場ケ原・小田代原を歩く:

« なだらか喜連川丘陵―早乙女坂古戦場 | トップページ | 固い防御の城-氏家「勝山城」 »