« 強風の中の流鏑馬・馬飾り―篠塚稲荷神社初午祭 | トップページ | 三宝寺池の畔にある石神井城 »

庭木の花が咲いた-れんぎょう・ゆきわり・杏の木

Photo_8 東京はすでに桜が満開になったという。

我が家の庭木も一斉に花が咲きだした。

昨年、近所のばあ様から「この黄色い庭木の花くれ」とたのまれて、一株差し上げた。

ばあ様の家の庭先にスコップを持って植えてきた。

黄色の花、「れんぎょう」、今年も咲きだした。

バックに緑の麦の葉がのびてきているのが、より一層黄色花のれんぎょうをひきたてている。

Photo_2
 白い花の「ゆきやなぎ」

あでやかで、迫力を感じる。

前の住まいの所沢から移植した庭木だが、

こっちにきてから一回り大きくなってきた。

Photo_3 

しかし、大きい「ゆきやなぎ」となったなと感心する。まわりに邪魔がいないということかな。

「ジャガイモ」の植え付けを3月12日に行なった。

今は里いもの畝づくりに励んでいる。

にんにく、ラッキョウ、ばあ様かもらった玉ねぎの苗、それぞれ追肥をしていっている。

本格的な畑作りの季節を迎えた。

Photo_4「あんずの花」が今年も咲いた。

昨年の倍の背丈となってきた。

今年こそ「杏の実」実って欲しいと願う。

日の出の時間が早くなった。

平安時代では一日の始まりは、今の午前3時だったと国学院栃木短期大學の公開講座の中で講師の方が述べた。

 わたしも目が覚めて起き上がるのが午前3時。あるシンガーソンガ―も午前4時ころから曲作りをするとラジオで言っていた。

 午前中はおだやかな気候でも午後には風が吹き出す。

こっちに来てから、耳たぶにシモヤケができるようになった。どうしてできるの皮膚科の先生に聞いた。曰く「加齢だよ」。声のかすれの時も「加齢」と言われた。医師の診断に「加齢」はタブーではないかなと思える。

                            《夢野銀次》

 

|

« 強風の中の流鏑馬・馬飾り―篠塚稲荷神社初午祭 | トップページ | 三宝寺池の畔にある石神井城 »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

きれいに咲いてますね。うらやましい限りです。
我が家でもこでまりがそろそろ咲きそうです。

本をお送りいただきました、前に歴史本を出したいといわれていましたが、夢がかないましたね、楽しく有意義にすごされていることと思います。

今年送られた年賀状にありましたが、お身体の具合はいかがですか?、といってもすこぶる調子が良いようで、なによりです。安心しました。

私的には、家庭菜園と猫のブログがお気に入りです、もっち猫ちゃんたちをだしてください。これからも楽しみにしています。

投稿: こでまり | 2013年4月13日 (土) 13時39分

こでまりさん、コメントありがとうございました。
これからも『銀次のブログ』よろしくお願いしますネ。
本、一冊を図書館に寄贈しました。図書館の方も受領しましたヨ。

投稿: 銀次 | 2013年4月14日 (日) 04時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233525/50904530

この記事へのトラックバック一覧です: 庭木の花が咲いた-れんぎょう・ゆきわり・杏の木:

« 強風の中の流鏑馬・馬飾り―篠塚稲荷神社初午祭 | トップページ | 三宝寺池の畔にある石神井城 »