« 夏野菜の植え付け | トップページ | 麦畑からワラを敷く »

映画「警察日記」―栃木・蔵の街映画祭

003_3 栃木市内に建つ蔵を活用しての「栃木・蔵の街かど映画祭」が5月18日(土)・19日(日)に開かれた。国の登録有形文化財の栃木高校講堂では辻仁成監督を招いての「その後のふたり」の上映と辻監督とのトークショー。嘉右衛門町伝統的建造物群保存地区にある岡田記念館では「とちぎ映像コンクール」入賞作品等が上映された。全体で15会場が「蔵の数々をミニシアターに変貌させた映画祭」として2日間、栃木の街を映画の街とした。今年で6回目となった映画祭だ。

 当初は19日の「その後のふたり」を観に行く予定をしていた。トークショウより、栃木講堂の中を見たかったからでもある。しかし、変更した。

002_7 5月18日に太田蔵で上映された「幕末太陽傳」「警察日記」を観た。太田蔵は明治39年に建てられた見世蔵として現存しており、天井が高く定員50名の上映会場だった。

 その「警察日記」を観て、あまりの良さに感動してしまい、翌日(19日)も「警察日記」を観に行ってしまった。栃木講堂には行けなくなった次第だ。

 映画「警察日記」は昭和30年(1955)2月、戦後再開された日活映画として公開されている。昭和30年の日活作品には「ニコヨン物語」「怒涛の男・力道山物語」など今でも見たい映画が沢山ある。

200pxkeisatsu_nikki_poster1_2 

 「警察日記」は会津磐梯山麓の小さな町を舞台に、警察官とその町に暮らす人々のエピソードを描いている。「喜劇」とうたっているが、「喜劇」ではない。

 昭和30年は自分が小学校に入学した年。そこに描かれている映像は自分の子供の頃の情景が映し出されていた。埃たつ土の道路、バスガイド、木製の電信柱、荷馬車、野良犬、木の橋、子だくさんの食事、女性の着物姿等、とても懐かしく観ることができた。

 さらに出演している俳優陣に驚いた。巡査の森繁久彌、十朱久雄、織田正雄、殿山泰司、三國連太郎、宍戸錠に警察署長に三島雅夫。若い村娘に岩崎加根子とその母に飯田蝶子、最後自衛隊に入る伊藤雄之助、やみの人身斡旋の杉村春子、万引きと無銭飲食で警察に連行される千石規子。そして子役としての二木てるみ。他に小田切みき、東野英治郎、左卜伝、多々良純、三木のり平、沢村貞子、坪内美子、稲葉義男等、これだけ多彩な出演者が揃っている映画だ。観ていて只驚いた。

Image2_2 若い巡査の三國連太郎。岩崎加根子を送って行った帰り道。自転車に乗りながら「粋な黒塀 見越しの松に仇な~」とお富さんを歌う。このシーンを見て、山田洋次監督「息子」中でも「お富さん」を三國連太郎は歌っている。息子のアパートの部屋で息子の結婚話のうれしさで「お富さん」を歌うシーンとオーバーラップしてしまった。

映画「息子」の「お富さん」の歌は三国連太郎の希望で挿入になったのだろうかと推測してしまった。

 「警察の仕事は人助けだぜ」と堂場瞬一著の「蝕罪 警視庁失踪課・高城賢吾」の中で高城賢吾警部が吐くセリフがある。この映画の警察は「困った時は警察に相談して欲しかった」「町や村の人のため」という想いで連行されてくる人々に接している。まさに人助けの警察を描いている。その背景にあるのは「貧しさ」からかもしれないが温かく人との関わりを描いている。

201303191136321  万引き、無銭飲食、捨て子、ヤミの就職斡旋、村人からのトラック荷台乗車の陳情、通産大臣の歓迎会などエピソソードが次から次へと描かれていく。中でも二木てるみの表情は圧巻だ。割烹旅館に弟と引き取られる。捨てた母親(坪内美子)が森繁久彌の前に現れる。迎えに来たというが、実は子供を引き取って一家心中しようとしたと言う。森繁は母親に東京で再度働き、自立するように諭す。子供は割烹旅館で育てもらうことなった。東京に働きに行く母親に警察のジープから子どもたちを見せる。このシーンは涙が止まらなかった。

Image1_3_5 割烹旅館の玄関前には赤ん坊を抱いた森繁、その傍らに新しい服を着た二木てるみが立っている。母親を乗せたジープがその前を二度通り過ぎる(ジープを運転するのは若い警官役の宍戸錠)。

 ジープをじっと見つめる二木てるみの目線は母親の姿を見ているような気がした。母がいることを知って、じっと我慢している表情に見えた。

Image2_3_7 この映画で黒澤明の「赤ひげ」「用心棒」と類似点を指摘している人もいる。「赤ひげ」の二木てるみの寝姿、杉村春子の女郎屋の女将、「用心棒」の司葉子の子供への想い等。黒澤明も影響を受けたのだろう。

 監督は久松静児。「駅前」シリーズを撮っている監督だが、自分は加東大介主演の「南の島に雪が降る」が一番印象に残っている。南方の島の軍隊の中で芝居「瞼の母」を上演する。ラストの舞台に雪が降る。観ていた兵隊達が紙の雪を抱きしめ、ふるさとを思う喜びのシーンが残っている。

Image0091_2 「早く行かねば火事、終わってしまうべな」とエンコした消防自動車に町のオカミさんから声が掛かるシーンは何故か心が和んだ。そういえば以前の栃木市の警察署の隣は消防署だったことを思い出した。

 かつては交番と地域の住民は繋がっていた。今はどうなのか? 自分の母親の葬儀は自宅で執り行った。その時、町内の役員が近くの万町交番に日本酒二本持って行った。交通へのお目こぼしをお願いしたのだな。あうんの世界があった。

Keisatunikki1 懐かしい人が出ていた。割烹旅館の仲居の役としての「福田とよ」。「昔の日活作品に出ていたのよ」と言っていた。二木てるみに玄関前で水をかけてしまう役の人だ。今から35年前、かつて東京吉祥寺東町で「かあちゃん」という飲み屋を営んでいた。近くのアパートに住んでいた自分の行きつけのお店でもあった。ある時「つまんねえ店だ」とつぶやいたら、次の時、店に入ったらいきなり怒鳴られたこともある。それでも「杉村春子のマネージャ(運転手)やってみないか」と誘われたこともある。芝居を演ってたことを見ぬかれていたのだ。ある日「不動産屋から店舗賃貸料の引き上げの申し出があり、安い料金でできないためお店を閉じます」というハガキが届いた。それ以来、音信不通となってしまった。どうしているのかな。当時の自分は芝居や映画(シナリオ)から意識的に離れたかった。もっと福田とよさんとは芝居や映画の話をしておけば良かったなと悔やんでいる。

                             《夢野銀次》

 

|

« 夏野菜の植え付け | トップページ | 麦畑からワラを敷く »

映画・テレビ」カテゴリの記事

栃木のまち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233525/51698800

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「警察日記」―栃木・蔵の街映画祭:

« 夏野菜の植え付け | トップページ | 麦畑からワラを敷く »