« 大雪の後に咲きましたー杏、レンギョウ、雪柳 | トップページ | 栃木刑務所共同墓地―金子文子の仮埋葬地 »

満開の宮の桜堤を歩く―栃木市宮町永野川沿い

009 「太平山の桜は古いしなあ」「宮の町の桜、土手づたいできれいだぜ。第一、車が通らねえんだ」「へえー、今度行ってみっかあ」とある時乗ったバスの後ろから話し声が聞こえた。

宮の桜? 私も聞いたことがなかった。

 4月3日(木)小雨の中、皆川城址のある皆川公民館に車を走らせた。栃木市老人クラブ、健康ウオーキングで「満開の宮の桜と皆川城址公園の眺望」に参加するためだ。

015 「明日はもっと雨が降るようですので本日、宮の桜堤を歩きます」と幹事の挨拶。

参加者3分の2の女性が占める中、ぞろぞろと若い高齢者40人は歩き始めた。

 皆川城内の東宮神社の参拝と本殿の彫り物を見る。5月には流鏑馬が行われるとのこと。永野川に架かる対嶺橋(たいりょうばし)渡る。

「冬の永野川には水がないんですね」と先生に言ったら、「永野川は伏流水で川底の下を流れているんだ」と教えてもらったことを想い出した。

006_2 対嶺橋を渡り左折すると、左側に栃木ボーイズの室内練習場が見えた。「高校野球をやるなら中学から硬球でやってないとレギラーはとれないんだな」と誰かが大きな声で話していた。高校から硬球を握る場合、肩作りから始めるため時間がかかるということだ。佐野日大の田嶋投手は鹿沼ボーイズ、竹村遊撃手は小山ボーイズだったな。

 東北道の下を歩き、すぐに左折した。永野川の土手に着いた。

 008_3  「これが宮の桜堤か!」

栃木の観光案内では隠れた桜の名所として、約1.5キロメートルの堤に桜の木が500本植えられていると紹介されている。

 「最初は皆川新町の方で植えたんだ。市は駄目だと言ったけど、議員の力で実現したんだ。それからだよ、宮町でも桜を植え始めたのだ」と後ろからわが町こそを喋る参加者もいる。約40年位前に桜の苗木を植え始めたそうだ。

024_3  車の通らない桜並木の土手は気持ちが良い。

晴れていたらもっと鮮やかに桜がみえるだろうなあと思える。

  宮町に架かる宮の橋。

売店が一軒出ているが、本日は休みとなっている。車で来るなら、この宮の橋付近に停めることができる。

017_2 この宮の橋を渡り、少し上流に行くと、天然のスケート場があった。

「2,3年前までスケート場、やっていたよ」と教えてくれた。お袋からスケート靴を買ってもらって、自転車で通ったスケート場。昼近くにはリンクの氷の表面がグジョグジョになってしまったことを思い出す。

 宮の橋を渡り、左折して反対側から桜堤を見る。

023  荒宿の遺跡古墳と市営のお墓を眺め、皆川公民館を目指す。山の上まで続く墓石群。

 「仏さんには眺めが良いと思えるけどお墓詣りが大変だわ」と女性の声が聞こえた。階段を上る己の年齢と躰を見つめる生活の実感が出る。

037

  途中に持明院の「しだれ桜」を眺める。「栃木まちを売り出すには三大名僧ですよ」と「下野の動乱」を執筆した大森隆司氏がいつか講演で述べていた。

 「円仁こと比叡山延暦寺座主慈覚大師は栃木市になる岩舟町、日光開山の勝道上人は栃木市都賀町、皆川広照の叔父で真言宗智山派総本山京都智積院開基の玄侑は栃木市皆川城内町、この3人の名僧のゆかりのまちとしての栃木市をPRしたらどうですか」と煽っていた。

≪本日のコース≫

皆川地区公民館…東宮神社…対嶺橋…宮の桜・宮の橋…荒宿B古墳群…持明院…皆川地区公民館

  皆川地区公民館に到着するころには雨足が強くなってきた。よって皆川城址見学は取りやめとなった。ウオーキングとお酒のない花見は健康に良いと改めて実感した。

                   《夢野銀次》 

|

« 大雪の後に咲きましたー杏、レンギョウ、雪柳 | トップページ | 栃木刑務所共同墓地―金子文子の仮埋葬地 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日々の営み」カテゴリの記事

栃木のまち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233525/55630408

この記事へのトラックバック一覧です: 満開の宮の桜堤を歩く―栃木市宮町永野川沿い:

« 大雪の後に咲きましたー杏、レンギョウ、雪柳 | トップページ | 栃木刑務所共同墓地―金子文子の仮埋葬地 »