« 夏が楽しみな黒羽高校・荒川祐貴投手 | トップページ | 石に彫りこまれた四股名―富岡八幡宮「横綱力士碑」 »

五月連休の時期は菜園作りに励む

049 夏野菜の畝作りは4月から始まり、5月の連休の時に苗を植えて一段落を迎える。

 毎年、この時期は菜園作りに励み、身体を酷使する。そのため今年もベルトの穴が一つ縮んだ。

 3月15日に植えたジャガイモは間もなく花が咲くな。

小玉のスイカの苗、2本植えた。

絹さやは遅く種をまいた関係でようやく白い花が咲き始めてきている。奥にあるイチゴ。赤い実を間もなく見ることができる。 

050_3  夏野菜の定番、ピーマン・シシトウ・ナス・キュウリ。

 キュウリの苗を3本植えた。後から種4つを植える予定。一度に食べられないため時間差を作るためだ。キュウリの支柱、突風に負けずに建っていて欲しい。

 ナスの横に枝豆の苗を植える。虫よけになるという。

051 大玉のトマトは作らない。中玉とミニトマトをこの数年間、やってきている。

 4段まで育てる。5段目までトマトの枝を伸ばす人が多いが、自分には無理だと思っている。トマトには水は控える。

063 サトイモをの苗を4月20日に植え、マルチで覆った。

 最初は昨年のサトイモの苗を植えた。しかし、苗が良くない。結局、ホームセンターでサトイモの苗を追加購入した。

 

サツマイモの苗をこれから植える。

奥のゴヤの畝。支柱を建てこれから植える。この畝は昨年まで駐車場だった所を土を掘り起こして作った。土壌作りの途中だが、やってみる。

053

 

 メロンを植えた畝も土を掘り起こして作った新手の土壌だ。近所のばあ様がやっている畑の土を分けてもらい、混ぜあわせて作った畝。メロンは難しいと思うが、実りを目指す。

 スーパーで購入したカボチャ。その種で今年も苗が出てきた。

 奥にあるラッキョウ、どうも生きが良くない。土壌のせいなのか?それとも苗が良くなかったのか…?

038   所沢から移植してきたつつじ。白い花が咲いた。全部で6本あるつつじ。どうも今年はあまりよく咲かなかった。何故だろうか?

064 

 これからはラッカセイとイチゴの畝作りを行なう。

   イチゴのランナーをほろうして新しいイチゴを育てるつもりだ。

 4月から5月にかけての家庭菜園作り。 これで山を越した。この間、お勉強をおろそかにしていた分を取り戻すのだ。

ガンバロウ、なあ銀太。

      《夢野銀次》 

 

|

« 夏が楽しみな黒羽高校・荒川祐貴投手 | トップページ | 石に彫りこまれた四股名―富岡八幡宮「横綱力士碑」 »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233525/56134519

この記事へのトラックバック一覧です: 五月連休の時期は菜園作りに励む:

« 夏が楽しみな黒羽高校・荒川祐貴投手 | トップページ | 石に彫りこまれた四股名―富岡八幡宮「横綱力士碑」 »