« 我が家のイチゴを食べていますー11日目大相撲国技館 | トップページ | 父と朋江への想いー映画「たそがれ清兵衛」 »

四方を流れる栃木県庁掘―水源のある栃木高校

Photo2_2 明治6年(1872)から明治17年(1884)までに栃木町(現栃木市)には栃木県庁が置かれていた。県庁庁舎と官吏官舎を囲むように四方に県庁堀が流れていた。

 旧栃木市役所別館(水門・荷揚場跡付近)から漕渠(そうきょ)という運河がうずま川に繋がり、堀の水が注いでいた。うずま川舟運の盛んな時代、県庁敷地内にうずま川から直接舟で物資を運ぶ漕渠という運河を作っていた。敷地内に荷揚場もあったことが配置図でも確認されている。

 栃木市入舟町に旧栃木県庁堀としての遺構が今も流れている。栃木県指定文化財になっている。

Photo_17  県庁堀は平成26年の2月に福田屋跡地に移転した旧栃木市役所庁舎や第一・第二小学校を統合して開校した中央小学校、登録有形文化財(講堂・図書館・記念館)を有する栃木高校などを囲んで流れている。

 県庁堀は東西約246m、南北約315mの周長約1120mの南北方向に長い長方形を描いている。律令時代の国庁や中世の武家館のように旧県庁庁舎や官吏官舎を四方で囲んでいたのだ。現在は河川法の関連から正式な呼び名は「県庁堀川」という名称になっている。

Photo_10  県庁掘の水源は明治29年(1896)創立の県立栃木高校の校舎と校庭の境にある。北側の県庁堀にあたる。

 水源の水は取水ポンプで揚水され万遍なく湧き出ている。東側と西側に分かれゆったりと堀川となって校内を流れ出ている。東へ流れ出る堀川は東側の県庁堀として漕渠に繋がる。西に流れ出る堀川は校舎の塀と道路の下を通って西側に流れ、南側県庁堀に続いている。栃木市が平成11年3月にポンプを設置して維持管理を行なっている。

Photo_3  校舎と校庭の境に流れるその県庁堀川を見て驚いた。掘が綺麗に整備されているからだ。

 湧水あたりには鯉がたくさん泳いでいるのが見える。かつては堀のそばに地下水を汲み上げていた水泳プールがあった。冷たい水だった。

 小学校時代の夏。校門前の文房具店で入場券を買って、このプールで泳いだのだ。たくさんの子供たちがプールに入ってくるため、泳ぐより体を冷たい水にひたすようなものだった。底の深いプールだった。旧水泳プールの記念碑とた飛び込み台が堀のそばに展示されている。なつかしい。

Photo_19  県庁堀川の前には校庭がある。今は専用グランウドに移転した野球部がこのグランドで練習していた。夏の暑い昼さがりに自転車でプールから帰りながら、高齢の監督に打撃フォームの指導を受けている部員がいた。「こうやって先生から教えてもらえるのだ」とその時に子供心に思った光景が残っている。ところが、その時分に堀があったのかどうか、印象に残っていないのだ。傍らには県庁掘の標示板があった。

 標示板は平成7年(1995)11月に栃高創立百周年として敷地内を流れる県庁掘復元をおこなったとして第98回卒業生一同として建てられていた。歴史と伝統を重んじる栃木高校の姿勢に感心させられたので、その全文を記載する。

Photo_14  「本校を囲むように張り巡らされている総延長1260mの旧県庁堀川。校庭と校舎の境に東から西にかけて130mの堀があり湧き水が流れていた。しかし、授業や部活動において球が掘に飛び込むなど支障をきたしていたため昭和35、6年頃その大半を埋め立ててしまった。

 一方、残された堀は本校創立80周年記念として東の一部が池として回収された。その後本校に赴任した黒子教諭の呼び掛けによって更に整備が進められ『黒子池』と称され生徒の憩いの場となった。

 Photo_21 旧県庁堀川は『県庁堀』として昭和47年(1972)に市指定の文化財となっていることもあり、市民の間からも埋め立てられた堀の全面復元を望む声があがった。平成7年(1995)2月から7月にかけて復元作業が行われ9月26日に竣工。同年11月17日に掘の復元と本校創立99周年を記念して生徒会によって99匹の鯉放流が行われ、校内を『鯉のいる掘』が流れる、全国でも珍しい学校として本校の新たな憩いの場となっている。創立百周年 第98回卒業生一同」。

 「学校に断って戴けば何時でも一般の方でも校内にある県庁堀を見学できますよ」と学校の受付窓口で言われた。一部の人しか知られていないのではないかと思える。かつての小中学校の校庭は自由に遊ぶ広場としてあった。「関係者以外は立ち入り禁止」の看板が校門前に掲示されている時代。どうも臆してしまう。観光ボランティアの案内ルートにも栃高の県庁堀は入っていなかったような気がする。

Photo_22  気軽に散歩コースとして栃高にある県庁掘を見ることができないものだろうか。土日限定で観光客や市民が公園を散策するように栃高の県庁掘を開放して、自由に見学できたら素晴らしいことだと思える。それだけ栃高の県庁掘は見る価値があるからだ。

 県庁堀川を見ながら何故栃高に進学しなかったかを自問した。小学校は第二小学校だったので近かくに通うのが嫌だったこと。勉強をしないため成績が良くなかったこと。何よりも男子高校だったことだ。吉永小百合ファンだった自分は男女通学の高校に憧れたからだ。しかし、栃高の県庁掘を見て、ここをセーラー服の女学生と一緒に歩きたかったと思えてきた。校内に入り、県庁掘の岸辺にたたずみ、何だか遠い子供の頃の日々を呼び覚ましてくれたようだった。

                           《夢野銀次》  

≪関連ブログ≫

銀次のブログ「城郭の名残り―栃木町・明治の栃木県庁堀跡」

 

|

« 我が家のイチゴを食べていますー11日目大相撲国技館 | トップページ | 父と朋江への想いー映画「たそがれ清兵衛」 »

栃木のまち」カテゴリの記事

歴史散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233525/56318781

この記事へのトラックバック一覧です: 四方を流れる栃木県庁掘―水源のある栃木高校:

« 我が家のイチゴを食べていますー11日目大相撲国技館 | トップページ | 父と朋江への想いー映画「たそがれ清兵衛」 »