« ニンニクの収穫と赤い実のラズベリー | トップページ | 夏野菜の収穫と秋に向けて »

さつきの花を見直しました

Photo 鉢に咲いているさつきを購入したのは今から20年以上前。狭山市にある中古住宅を購入した時だ。

 以来、あまり世話をしなで庭に置いていた。

9年後に同じ狭山市の中古住宅に転居した。その時、さつきは枯れた。

「捨てようか」と思った。しかし、妻は鉢からさつきの幹を取り出し、庭先の地べたに植え変えをした。

Photo_5翌年に3分の1の幹になっていたさつきは花を咲かせた。

「凄い頑張りだな」と私は感心した。

それから所沢、そして現在の所に転居して3年半が経った。相変わらず庭先に地下植えしていたさつきは今年も花を咲かせた。

Photo_3 「手入れをしないでよく咲いたな」と思い、さつきの花を眺めた。 

 色の違う花びらが咲いている。

  盆栽さつきをしている人の庭先にたくさんのさつきが咲いているのを思い出した。

色の違う花を咲かせるさつき。

「大事にしょう」と思った。

鹿沼土と腐葉土でさつきの周りの土にまぜる。そして石で囲いをした。菜園の入口に咲いているためよく足で踏ん付けていたからだ。

 手入れの方法など学んでいこう。鮮やかにさいているさつきを見て思った。

Photo_6

 実のついたかぼちゃを発見。自ふんさせて5日が経過している。

雌しべが咲いている時には雄しべの花が咲いていない。それだけ、咲き始めて月日が短いのだ。スーパーで買って食べたカボチャ。その種から実が産まれてきている。

ことしは4本のカボチャの苗を植えた。

Photo_7

 8歳になった夢野。

明け方に帰宅し、食事をしてすぐに外にでていく。そして夕方帰宅する。夜中の12時に外に行く。

じっとしていない猫だ。

「夢!」と呼ぶと「ニヤオー」とないてそばに寄ってくる。呼んですぐ来る猫は可愛い。

腰をポンポンをたたくと喜ぶ「夢野」。体重3.5キロと小柄な猫だ。

10年以上は生きていくだろうと思っている。

                        《夢野銀次》

|

« ニンニクの収穫と赤い実のラズベリー | トップページ | 夏野菜の収穫と秋に向けて »

家庭菜園」カテゴリの記事

日々の営み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233525/56523388

この記事へのトラックバック一覧です: さつきの花を見直しました:

« ニンニクの収穫と赤い実のラズベリー | トップページ | 夏野菜の収穫と秋に向けて »