« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

水郷に流れる潮来節~船頭小唄・娘船頭さん・おんな船頭唄

033_4  「おめでとうー」と両岸からの見物人のかけ声と拍手が湧きあがる。拍手は嫁入り舟を見ることができたうれしさの表れなのだ

   5月28日から始まっている「水郷潮来あやめまつり」。市の係員に先導された白無垢姿の花嫁一行は前川あやめ園内を四歩進み停まりながら乗船河岸にて手漕ぎ舟に乗る。

  花嫁と付添(仲人)を乗せた手漕ぎの嫁入り舟はギッチラ、ギッチラと潮来市内を流れる前川を下る。常陸利根川に合流する水門手前の河岸にはお婿さんが嫁入り舟を出迎える。「何年振りだろう、野外で花嫁さんを見るのは…」。結婚式と披露宴はホテルで行ない、昔のように花嫁姿でご近所へ挨拶する光景を見ることはない。 

017_3  6月14日にシルバー大学栃木南校33期生「健康ウォーククラブ」の「潮来あやめまつり見学ツアー」に参加した。栃木市からは潮来市は遠い。それでも一度は行ってみたい町であった。水郷の町、歌の町としていつも私の頭の中にあったからだ。

  嫁入り舟に乗る花嫁を潮来市は毎年、全国に募集を行なっている。条件は一年以内に結婚もしくは結婚したカップルになっている。着付け代は自己負担だが花嫁衣裳は無料で貸与される。毎年全国から80組くらいの応募があり、抽選になるほどの人気イベントとして定着をしている。 

  「潮来は周囲を水に囲まれ、水路が縦横にはりめぐされていたため、サッパ舟(櫓を使う手漕ぎ舟)によって隣近所などの日常の生活が水路で繋がれていた」と潮来市ホームページに水郷の町であったことが紹介されている。そして「嫁入りする際の花嫁や嫁入り道具等を運搬する時にもサッパ舟が使われており、これが『嫁入り舟』の始まり」と記載されている。 

029  「♪潮来花嫁さんは 潮来花嫁さんは舟でいく~」と花村菊枝が歌う「潮来花嫁さん」が昭和35年に大ヒットとなり、「嫁入り舟」は全国に知られるようになる。 

  生活を結ぶ水路とともに姿の消えた嫁入り舟は昭和60年の「つくば国際科学技術博覧会」の際にイベントとして復活する。そのことがきっかけで、現在のあやめまつりの中で嫁入り舟が行なわれるようになり、潮来を代表する「あやめまつり・嫁入り舟」観光行事になっている。 

  実際の花嫁とお婿さんが参加する嫁入り舟。潮来市と市民の手によって、嫁入り舟が毎年、継続して続けられてきている。疑似体験でない本物の花嫁が舟に乗るところに長く続けられてきている要因になっているのだと思えた。 

  「潮来花嫁さん」と同じ年の昭和35年には、橋幸夫が歌った「潮来笠」も大ヒットする。2曲のメロディから水郷潮来の明るさが高度成長時代へ突入していく時代を表している。しかし、一方では、「…おれは河原の枯れすすき~」と、潮来水郷のもの哀しさ、寂しく暗い世界へと誘う歌もある。あやめの花、嫁入り舟の華やかな光景を見た後にきた、この暗さと明るさのギャップは何なのだろうか?水郷潮来を詠った歌の中から「潮来の情感」を辿ってみた。 

047 ~己は河原の枯れすすき 同じお前も枯れすすき どうせ二人はこの世では 花の咲かない枯れすすき 

~枯れた真菰(まこも)に照らしてる 潮来出島のお月さん わたしゃこれから利根川の 船の船頭で暮らすのよ 

『船頭小唄』大正10年(1921) 作詞:野口雨情、作曲:中山晋平。 

 潮来市観光案内ボラティアの方から、源頼朝が創建した「長勝寺」と裏の稲荷山公園にある「野口雨情記念詩碑」を案内していただいた。 

  大きな石碑のそばには『雄大な利根川の流れに詩情をたぎらせ、潮来出島の風向をひろく天下に紹介した』として、昭和40年(1965)5月に潮来町野口雨情顕彰会によって詩碑が建てられている。「船頭小唄」の歌詞が刻字されている詩碑のある稲荷山から、潮来の町と常陸利根川、利根川を見渡すことができる。 

Yjimage4tsigjzo_2  長田暁二著「日本の愛唱歌」の中で、『船頭小唄』の生まれる逸話が記載されている。 

  「大正8年に作詞した原題『枯れ芒』を野口雨情は面識のなかった中山晋平に作曲を始めて依頼した。しかし、中山晋平は預かった詩稿があまりにも内容が暗く曲想がまとまらず、一年が過ぎた。たまりかねた雨情は強硬に督促をした。晋平は作曲がはかどらない理由を言ったところ、雨情は茨城県民謡の『潮来がえし』らしいメロディを低く口ずさんでみせた。それがなんとも素朴で、魂の叫びのような響きがあったので、(よし、これでいってみよう)ということになる。雨情のうたった『雨情節』を基調に、晋平の発想を加え、この曲ができた」と記してある。 

  そのため、「大正10年3月の出版楽譜(再版から『船頭小唄』に改題)の作曲は中山晋平と晋平の別名、萱間三平の連名になっている。この曲は完全なる自分の創作ではなく、『雨情節』が混入しているという衒(てら)いがあったのでしょう」と野口雨情が口じさんだ「茨城県民謡潮来節」らしいメロディが「船頭小唄」に入っていることを指摘している。 

…雨情が口ずさんだ「潮来がえし、潮来節」とは、どんな曲だったのだろうか。 

 ネットで検索していくと、潮来節の中の「潮来音頭」に(返し)が記載されていた。 

~潮来出島の真菰の中に あやめ咲くとはしおらしや ションガイナー 

 (返し)しおらしや あやめさくとはしおらしや ションガイナー 

~此処は前川十二の橋よ 行こか戻ろうか思案橋 ションガイナー  

 (返し)思案橋 行こか戻ろか思案橋 ションガイナー 

(『潮来音頭』より)

050_2  「潮来節の原型の『潮来出島の真菰の中に あやめ咲くとはしおらしや』のあやめ咲くとは遊女のことである。潮来節は、河岸の船乗・水主(かこ)や小場人足などが、非常に貧しい過酷な生活から生まれた労働歌の一つであったという」と川名登氏は著書「河岸」で記述している。 

  「この労働歌(潮来節)が潮来遊廓の御座敷歌となり、それが船頭・水主や遊女たちの口から『木下茶船(きおろしぶね)』などに乗って三社参詣や銚子磯めぐりなどにやってくる遊客に覚えられて、利根川を遡って江戸に伝えられ、江戸から全国各地に広がって有名になった」と潮来節が遊廓、参詣と舟運を通して全国に広がっていったことの指摘をしている。 

  木下茶船とは利根川下流、香取・鹿島・息栖(いきす)の三社めぐり等をおこなう貸切遊覧船のことを言い、江戸時代の文化文政時代(1804~1830年)に多くの旅人で賑わったとされている(ウエブ「世界百科事典」より)。 

  潮来節は佐渡おけさ、徳島阿波おどり、長唄藤娘など全国に広まり、派生していった。野口雨情が口ずさんだ潮来節が船頭小唄の中のどこにあるのか?音楽に疎い私には分からない。調べて行こうと思う…。 

  「潮来出島」は、デルタ地帯として、この前川あやめ園あたりを指していますね。網の目のように水路がありました。今は埋め立てられて、昔の面影は残っていません。潮来遊廓はあやめ園の向こう岸、前川の右岸下流にありました」と嫌がらずに観光ボランティアの方が教えてくれた。 

Yjimage5_2  過大な借金、離婚、水戸での「地で這うような生活」の中から野口雨情は「枯れ芒」を作詞した。バイオリンの奏でる哀切さを感じる「船頭小唄」は演歌師によって歌われ、関東大震災を経て全国に広がる。それはやがて戦後の昭和32年の映画「雨情物語」で主人公、森繁久彌が歌った「船頭小唄」で今日まで受け継がれてきている。 

  実生活や民俗、郷土等の身近な生活を見据えたところの表現、考え方を表すと言われている大正デモクラシー。その思想を背景として「船頭小唄」が生まれてきたと思えてくる。 

Saijo_yaso_and_nakayama_shimpei1 大正12年9月1日の関東大震災。東京下町が燃え広がる夜、上野の山には多くの避難した人がいた。どこからともなくハーモニカのメロディーが流れてきた。少年が奏でるハーモニカ。うるさいという声があがることなく、じっと聴き入り、落着きと自分を取り戻していった避難者たちを西條八十は見ていた。月島の兄の安否を訪ねていった仏文学者、西條八十も上野の山で避難者と一緒にハーモニカを聴いていたのだ。俗謡(歌謡曲)の中に人々の安らぎ、生きる心の糧が生まれることを、西條八十は見出した。この日をきっかけに歌謡曲の作詞を始める(西條八十著「唄の自叙伝」より)。 

  「♪父も夢みた母も見た 旅路のはてのその涯の 青い山脈みどり旅へ~」(「青い山脈」昭和24年)。明治生まれの人によって引き起こされたアジア太平洋戦争で大正生まれの父や母が戦場や空襲で亡くなった。昭和生まれの若者は大正生まれの父や母が夢見た民主主義(大正デモクラシー)の世界を目指して進む。――と西條八十作詞の「青い山脈」の歌声は呼び掛ける。 

  西條八十は終戦の昭和20年の8月に早稲田大学教授を辞職する。「サーカスの唄」(昭和8年)、「旅の夜風」(昭和14年)、「誰か故郷を想わざる」(昭和15年)と歌謡曲でヒットを飛ばす。そうした西條八十に対する教授たちの、歌謡曲に対する侮蔑などの軋轢があったのではないかと推測する。 

201106051602461 ~娘十八口紅させど 私しゃ淋しい船頭娘 つばめ来るのに便りなくて 見るはあやめの ヨウ花ばかり 

 ~鐘が鳴ります潮来の空で 月に墨絵の十二の橋を こいで戻れど別れた人と 水の流れは ヨウ返りゃせぬ 

 『娘船頭さん』(昭和30年、歌:美空ひばり、作詞:西條八十、作曲:古賀政男) 

 水郷潮来の情景を娘船頭を通して歌っている「娘船頭さん」。美空ひばりの歌を始めて作曲した古賀政男のメロディに乗せてゆっくりと船が進んで行く光景が浮かぶ。西條八十が美空ひばりの歌を作詞したのは、昭和25年「越後獅子の唄」、26年「角兵獅子の唄」、30年「娘船頭さん」、40年「芸道一代」の4曲と意外と少ない。 

  筒井清忠著「西條八十」の中で、「西條八十の家の前には、戦前、正月になると越後獅子が来ていた。その子どもたちが芸をしながらいつも怖い目つきの親方を怖れていたことを思いだして『越後獅子の唄』を作詞した」ことが書かれてある。「13歳の天才少女への世間の眼は冷たく、新聞では『ゲテモノ』と叩かれていた美空ひばり。この曲は社会的に冷たい目で見られて、大人の歌手の歌手の間で肩身の狭い思いしていたひばり自身のことなのだ」と「越後獅子の唄」が出来上がった逸話が紹介されている。 

066_2 「娘船頭さん」では、18歳の美空ひばりを「私しゃ淋しい船頭娘」と西條八十は越後獅子同様にひばり自身をイメージして描いている。 

  映画「娘船頭さん」(監督萩原徳三)でも前年の映画『伊豆の踊り子』(監督野村芳太郎)の旅芸人役を意識して、旅芸人と船頭が相通じる世界を描いている。街道暮しの旅芸人と潮来水郷の渡し船の娘船頭。艪を漕ぎながら歌うひばりの「娘船頭さん」は哀切あふれる情感のこもった歌声で水郷潮来を描いている映画になっている。 

  ちなみに「芸道一代」では「♪小粒ながらもひばりの鳥は 泣いて元気で青空のぼる 麦の畑の小さな巣には わたしみている母がある 母がある~」と身長153㎝の小粒な美空ひばりと母の姿、芸に生きる母娘を描いている。西條八十は、ひばりそのものを対象として作詞することに視点を置いていたと思えてくる。 

  北原白秋・野口雨情と共に西條八十は大正期の三大詩人と呼ばれていた。水郷潮来を情景にした「娘船頭さん」を作詞する際に、西條八十は野口雨情の「船頭小唄」を意識したのであろうか?私は強い意識はなく、美空ひばりという一代稀有な天才歌手に潜む情感を潮来水郷、渡し船を漕ぐ美空ひばりをイメージして作詞をしたと思えてくる。 

  映画「娘船頭さん」の中で映し出される潮来の情景、ロケーションは貴重な水郷の歴史的資料なっている。映画の中で、わかさぎ漁、帆引き船で歌う美空ひばりの歌声のシーンは圧巻である。「♪アーア潮来出島のまこもの中で あやめ咲くとはしほらしや~」と低音から高音への伸びる「潮来節」のひばりの歌声は、ただ唸るばかりだ…。 

Yjimageu5chj9h2 ~嬉しがらせて 泣かせて消えた にくいあの夜の旅の風 思い出すさえ ざんざら真菰 鳴るなうつろな この胸に 

 ~利根で生まれて 十三七つ 月よわたしも同じ年 かわいそうなは みなしごどうし 今日もお前と つなぐ舟 

『おんな船頭唄』(昭和30年、歌:三橋美智也、作詞:藤間哲郎、作曲:山口敏郎) 

  潮来節の詞と密接に繋がっている歌だと思えてくる。民謡で鍛えたハリのある高音が哀愁を呼び起こす「おんな船頭唄」。少年の頃から民謡界の天才と言われた三橋美智也は昭和30年、この曲の大ヒットで歌謡界を代表する歌手になる。 

01_3 私はずーと以前から、「にくいあの夜の旅の風」という意味が理解できなかった。しかし、川名登著の「河岸」に「船女房」という記述で分かってきた。 

 それは、「遠方から来た船が河岸に着くと、小舟にのって漕ぎ寄せ、船に上がって船の中の掃除や洗濯、綻びの繕いなどまでして、一夜を共に過ごす。翌朝は朝食を作り、船中をきれいに掃除してから船を下り、名残りを惜しんで別れていく。これは単なる売春ではなく、半分は男にはできない家事を頼んでいる」という河岸には『船女房』という稼業があったことを知った。「おんな船頭唄」の世界はここに出てくる一夜限りの船女房の世界だなと思えてきたのだ。 ざんざら(ざわざわした)真菰が茂る船の中で、ひっそりと抱かれる女船頭の姿があやめの花に被さっていく情景が浮かんでくる。

  江戸初期の潮来は奥州諸藩の物産を江戸に向かう千石船が銚子河口から利根川に入り、潮来で高瀬船に積替える中継港(河岸)として賑わい大いに繁栄していた。しかし、元文年間(1736~1740)の大洪水で利根川の本流が佐原に移ると中継港としての機能を失った(潮来市ホームページ)。 

140041  昭和15年頃発行の水郷汽船会社の利根川流域・霞が浦周辺を中心にした汽船航路周辺の観光名所となっている鳥瞰図をみる。 

 地図の真中の下に佐原と香取神宮がある。一番上の真中には鹿島神宮と記されている。右端の少し上のところに息栖(いきす)神社と記されてある。潮来は地図の真中の十二橋と記されたデルタ地帯に位置する。潮来の町を通る前川が鹿島神宮に続いている。潮来は香取神宮・鹿島神宮・息栖神社に「木下茶船(きおろしちゃぶね)」などでお参りする際の遊び場、遊廓としてにぎわいをみせたといわれている。三社の真中に位置する潮来が中継港としての繁栄を失った江戸時代の後期、遊廓、遊興の地になっていったのも頷ける。そうしたことから、「潮来節」にはかつての繁栄した河岸としての辛苦が含まれていると思えてきた。 

021  初めて潮来市を訪れ、「潮来あやめまつり・嫁入り舟」などの華やか行事を見ながら、「船頭小唄」のような「暗さ」「寂しさ」とのギャップはどこからきているのか?という疑問から、書き綴ってみた。 

  かつての繁栄から衰退をみせた河岸は遊興の地として名を馳せた。「潮来節」の曲や歌詞の底辺に流れている水郷に生きる船頭や遊女の辛苦の表れが「船頭小唄」「娘船頭さん」「おんな船頭唄」に含まれている。そして「潮来花嫁さん」「潮来笠」の「華やかさ」と表裏を成している。これらの歌謡曲の原型は「潮来節」にあることが少し分かってきたような気がしてきた。 

  水郷としての昔日の面影が残っていなくても、「潮来出島の真菰の中にあやめ咲く~」という潮来節の詞は残り、潮来を歌う歌に生き続けていくと思える。 

  潮来節を元にした「潮来節―歌謡歌まつり」などを開き、潮来節と現代の歌とを探求する場を設ける。…と、勝手に無責任な夢想を始めた。今度、潮来に行った時には、前川の手漕ぎ舟に乗ってみよう。 

                                  《夢野銀次》 

≪参考引用資料≫ 

潮来市ホームページ観光課/長田暁二著「日本の愛唱歌」(2006年6月、ヤマハミュージックメデア発行)/筒井清忠著「西條八十」(2005年3月、中央公論社)/中野英男・大嶽浩良著「若き日の野口雨情」(2016年3月、下野新聞社)/大下英治著「美空ひばり」(平成元年7月、新潮社)/西條八十著「唄の自叙伝」(1997年6月、日本図書センター)/川名登著「河岸」(2007年8月、法政大学出版部)/DVD「娘船頭さん」(昭和30年4月公開映画、萩原徳三監督、美空ひばり主演)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉ねぎとニンニクの収穫

018 2月にホームセンターで玉ねぎの苗を購入して植えた。3月には玉ねぎの隣の畝に玉ねぎの種を蒔いた。

 玉ねぎ栽培は初めての挑戦だ。

 苗からの玉ねぎが早く成長した。

 収穫をした。保存は?

 ネットで検索すると「収穫した玉ねぎは、3~4日干して、乾かしてから風通しの良い所で、吊るすか、籠にいれて保存する」と記されていた。

 籠をスーパーの「とりせん」で324円で購入して、猫が眠る物置に於いて置く。 

023 玉ねぎの生産は北海道が日本全体の5割を占めているという。やはり北海道なのかと感心する。

 玉ねぎを使った食べ物では、カレーライス、肉じゃが、かつ丼等思い浮かべるほど、なくてはならない野菜だ。

 包丁で玉ねぎを切ると涙が出てくる時がある。揮発性のガスなのだが、涙のでない玉ねぎも開発が進められていると云われている。

 かつて現役時代、遅くなっての帰宅は寒い時期はつらいものがあった。西武新宿線、高田馬場駅改札口付近にあった売店で「オニオンスープ」を呑んで体を温めた。温かったな。

001_2  昨年の11月にスーパーでニンニク2個を購入して、皮をむいて植えた。

 今年のニンニクは茎が細く大きくならなかった。「失敗したのかな」と思いつつ、掘ってみた。

 「――出来ている」と実感する。全部で27個のニンニクだ。ざるに干して、すぐに皮をむいた。白いニンニクが現れた。「やれやれだな」と一人つぶやく。

ニンニクは薬として8世紀ころに日本に入ってきた。しかし、禅寺ではニンニクは精力旺盛となることから持ち込み禁止となっている。古い禅宗山門には「不許葷酒入山門」(くんしゅ さんもんに いるを ゆるさず)という石柱が建っている。

007 くさいにおいのするニンニクやニラなどの野菜と酒は修行の妨げになるから、寺には持ち込むなという意味。ニンニクは精力がついて心を乱すからだと言う。

 しかし、実際はお寺でニンニクは食べていたと云われている。

 ニンニクは仏教の修行方法の六種の波羅蜜、布施(ふせ)・持戒(じかい)・忍辱(にんにく)・精進(しょうじん)・禅定(ふせ)・智慧(ちえ)の中の忍辱が語源になっているという。

忍辱とはもろもろの迫害を忍受しうらまないこと、忍耐ということだと辞典には記されている。

003_3  「ホーホケキョ」とウグイスが鳴く。5月の初めの早朝に栃木市大平町にある「大中寺」に参拝してきた。

 杉木立の参道の奥に山門がある。

 その右横には「不許葷酒入山門」と記されてある石柱が建っていた。 

 誰もいない大中寺の境内に「ホーホケキョ」と鳴り響くウグイスの鳴き声は静寂感を募らせてきた。
011_2 9歳になった銀太。最近食欲がないのでマタタビをあげた。少し元気が出てきた。

 明け方、私の枕元にきて、指をかむ。「早く起きろ」と言うのだ。餌はあるのだが、2階の部屋から一緒に一階におりたいのだ。

 寝るときも枕元にやってくる。撫でてやる。おかげて本が読みづらくなってきている。

                              《夢野銀次》

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »