« 後藤流江戸彫りのある栃木市の寺社を歩く | トップページ | 正岡子規の歌、「しもつけやしめぢが原に春暮れて~」 »

公益財団法人日本相撲協会の目的とは…。

Ee12635b02cf493eaec1e4cfd34756f81  「何か変だな。一連の責任を貴乃花親方に押し付けたような気がする。日馬富士の貴ノ岩に対する暴行事件を知りながら九州場所日馬富士が土俵での取組みや土俵入りを黙認した相撲協会の責任の方が重いのではないか?事件が報道されるやいなや日馬富士は怪我で休場扱いさせている。傷害事件を起こした日馬富士は犯罪者、国外追放者になる可能性が出てきていた。そのことを知りながら神事の土俵入りや土俵にあげたこと自体国民を騙すことであり、相撲協会としての罪と責任は最も重いと思えるのだが…」。

  ――1月4日の日本相撲協会評議員会で貴乃花親方の理事解任を全会一致で承認された報道をテレビを見ながら思った。

2200661_3  回収された貴乃花親方の「文書」の中には「鳥取県警に被害届を出した後、八角理事長をはじめ協会執行部4院人から被害届取り下げの要請があった」と云われている。1月5日の日本テレビ「スッキリ」で加藤浩次氏は、「協会に『被害届を取り下げろ』と言われたら、(貴乃花親方は)黙ると思う。貴ノ岩関が頭を割られたのに、『これは揉み消すぞ』と言っているように聞こえる」とし、聴取に応じなかった親方に理解を示していた。

Kyodo_takanohana1_3三人の横綱の前での暴行。どうも集団リンチに思えてならない。日馬富士の引退記者会見では『指導』で殴ったと弁明し、何故引退するのか分からないという表情が印象に残っている。

 それにしても貴乃花親方は黙して語らず姿勢を貫いた。

  『貴乃花部屋だから暴行を受けたのか』という『集団リンチによる排除』との想いがあっての姿勢だったのだろうか?

Dsreosdumaaazzy1_3  相撲協会は、「公益法人として運営されている」と規定している。その目的は、「太古より五穀豊穣を祈り執り行われた神事(祭事)を起源とし、我が国固有の国技である相撲道の伝統と秩序を維持し継承発展させるために、本場所及び巡業の開催、これを担う人材の育成、相撲道の指導・普及、相撲記録の保存及び活用、国際親善を行うと共に、これらに必要な施設を維持、管理運営し、もって相撲文化の親交と国民の心身の向上に寄与することを目的とします」と定款の第三条に記されている。

  相撲協会は日本の伝統文化の継承のための本場所・巡業の開催から相撲道の指導と普及を通して国民の心身の向上するということを目的にしている。このことを念頭において今回の暴行事件の本質を探究していったならば相撲界の改革点が見えてきた筈であった。定款の目的にうたわれている相撲道とは何なのか?検証していく必要がある。

  『興行優先』『相撲界内部事情』を盾に内々で解決していく姿勢を改めない限り、『可愛がり指導』は今後も続いていくだろう。少子化の時代にこれから角界に入ってくる若者は年々減少してくることが予想され、相撲界にとり大きな危機を迎えてきている。このことを認識する必要がある。今、日本相撲協会は公益財団法人としての目的姿勢が強く問われているといえる。

                                           《夢野銀次》

|

« 後藤流江戸彫りのある栃木市の寺社を歩く | トップページ | 正岡子規の歌、「しもつけやしめぢが原に春暮れて~」 »

スポーツ観戦」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233525/72641791

この記事へのトラックバック一覧です: 公益財団法人日本相撲協会の目的とは…。:

« 後藤流江戸彫りのある栃木市の寺社を歩く | トップページ | 正岡子規の歌、「しもつけやしめぢが原に春暮れて~」 »