« 土葬の墓が残る栃木市皆川城内「傑岑寺」と「床とり」 | トップページ | 獨協医大病院に入院します »

サツマイモの収穫―栃木市合唱祭を聴く

053  曇りの日が続く10月。

10月20日は朝から快晴。

「よし、今日はサツマイモを獲る」と決める。

 庭先には次郎柿の実が成っている。ここ3日間は毎日次郎柿を食べている。美味しいのだ。毛虫も発生しなかった。しかし、昨年に比べて実が少なくなっている。枝の剪定に間違いがあったのか?

 近所に栃木県の農業試験所に勤めている詳しい人に再度、柿の木の剪定の仕方を聴いていくことにする。

037_2
 5月に25本の金時苗を植えた。

 肥料は「牛ふん堆肥」と「草木灰」で2列の畝とした。堆肥を底肥料として、草木灰を施して畝作りとして耕した。一番東側の敷地で土は良くない所なので、できるかな?という危惧があった。

 ……出来ている。ホッと胸をなでおろしながら一本づつサツマイモを掘りだしていく。この堀だし作業がおもしろいのだ。24年前、初めてサツマイモ収穫でツルの先からサツマイモが次から次と現れた時、感動した。味は全然美味しくなかったが、「家庭菜園って面白いなあ」と実感したことを思いだす。

049 昨年より見た目の良いサツマイモが獲れている。ザルで5個で約50本の収穫高になる。中には虫に食われているサツマイモもあるが、良しとしよう。

 本来は2~3日間でサツマイモを楽しみながら収穫するが、今年は体調との関係で時間をかける余裕はない。

 今年の9月で70歳という年齢を迎えた。生活の中で自分の体調と向き合う時間の比重が多くなってきている。そのことをしっかりと見つめていきたいと思ってきている。

018 今年のナスは10月20日現在まで実が成り続けている。

 「6月から実が成り続けたのは初めてかな」と思わずつぶやく。菜園の西側に移しての畝づくりが良かっただと思えてくる。

やはり連作は駄目であることを改めて実感した。

042 「なんで苗が大きくならないのか?」と8月から「サトイモ」の畝を見ながらつぶやいてきた。今までこんなことはなかったのに…。

  前の家の家庭菜園を見てみると、サトイモの苗がやはり大きくなっていない。「どうしてでしょうか?」と前の家の奥さんに聞いてみた。「暑かったからなのかしら」という応えが返ってきた。

  熱さ対策として朝と夕方にサトイモに散水をしたのだが、それでも駄目だった。それとも一年置きの同じ敷地で行なっている連作が原因になっての不良なのか? 

サトイモの収穫は11月に入ってから行う予定にする。

002_2 10月8日(月・祝)の午後、栃木市文化会館で開かれた「第34回栃木市合唱祭」に聴きに行ってきた。今年で3回目の鑑賞になる。

  栃木市で活動している17の合唱グループが参加して、2~3曲の合唱を披露する。プログラムにそれぞれ構成員が記されている。その数は410人で、ダブって参加している人を除いたとしても400人が参加しての合唱祭となる。それが34年も継続して開催されていることに驚く。確かに高齢者の女性が多いのが目立つが、楽しく緊張して合唱する姿を見るのは気持ちが良いものだ。

  曲目で多かったのが中島みゆきの曲だ。「時代」「糸」「誕生」「地上の星」「ヘッドライト・テールライト」。やはり優れた音楽家なのかと思えてくる。 

005_2 「曲目選定はそれぞれの合唱団の方にお任せしております。合唱連盟で全体のテーマやモチーフはきめておりません」と窓口の関係者が応えてくれた。

  合唱祭最初の曲が「さわやかコーラス」による坂本九最後の曲「心の瞳」。なにより聴きたかった曲で嬉しかった。銀次のブログに記載したテレビドラマ「表参道高校合唱部」で第6話に登場している曲目だったから。さらに「女声コーラスたんぽぽ」による「見上げてごらん夜の星を」も銀次のブログ「名もなく貧しく美しく」で記述した曲目でうれしくなり、身近な合唱曲になった。

  今年の曲目全体から、昨年より「柔らかく、優しく」がでており、「かどや突っ張り」がとれた感じを受けた。出演者にも余裕が生まれてきているのかもしれない。合唱するどの曲も優れた曲目であると改めて感じた。

 

                            《夢野銀次》

 

|

« 土葬の墓が残る栃木市皆川城内「傑岑寺」と「床とり」 | トップページ | 獨協医大病院に入院します »

家庭菜園」カテゴリの記事

栃木のまち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サツマイモの収穫―栃木市合唱祭を聴く:

« 土葬の墓が残る栃木市皆川城内「傑岑寺」と「床とり」 | トップページ | 獨協医大病院に入院します »