« 上州倉賀野宿を歩く①…飯盛女の墓石「九品寺」 | トップページ

春のおとずれ…杏・レンギョウ・ユキヤナギ

P3220018 〽春のなぎさを あなたとゆくの

 砂に足跡 のこしながら

 はじめて私の 家にゆくのよ

 恋人がいつか 出来たら家へ

 つれておいでと 言っていた父

 夢に見てたの 愛する人と

 いつかこの道 通るその日を

 

111 〽お茶をはこんだ 障子の外に

 父とあなたの 笑う声が

 聞こえてきたのよ とても明るく

 幸せなくせに なぜ泣けてくるの

 母のほほえみ 胸にしみたわ

 帰るあなたの 見送る道は

 おぼろ月夜の 春の宵なの

 「春のおとずれ」(唄:小柳ルミ子、作詞:山上路夫、作曲:森田公一)は小柳ルミ子デビュー3年目21歳の時、7枚目のシングルとして昭和48年2月に発売された曲。

 デビュー当時の小柳ルミ子の曲だが、何故かこの「春のおとずれ」は印象に残っていなかった。最近、スマホをいじっていて偶然に聴いた。ほのぼのとした春の情景が目浮かんできて、快い気持ちにさせてくれる歌になっている。

 ……春のおとずれを感じさせてくれる歌だ。

P3220004

 杏の花が今年も咲いた。薄いピンク色した杏の花にはつつましさを感じる。桜の花のようにきらびやかに咲き誇ることなしに、ひっそりと咲いている。

 30数年前に入院した義父の見舞いに行ったことが思い出された。脳梗塞で話すことができなくなった義父はベットから体を起こし、両手で私の手を握りしめた。「娘を頼んだぞ」と義父の眼が語っていた。義母が傍らで穏やかな顔で見つめていたのが記憶に残っている。

 夫婦ケンカした時に何故かその時の光景が思い浮かび、妻と40数年間暮らしてくることができた。父親の愛情を感じる。

 …庭先に咲く杏の花を見ながら春のおとずれをしばし楽しむ。

 P3220010 早春の陽光をあびて黄色く咲いているレンギョウの花。

 薬用として平安時代初期に渡来したといわれているが、定かではない。

漢方医学では「連翹」と呼ばれ、解熱剤、消炎剤など鎮痛薬に用いらているとのこと。

 4月2日は詩人村光太郎の命日で、この日を連翹忌と呼んでいる。高村光太郎が生前好んだ花がレンギョウであり、告別式で棺の上にレンギョウの一枝が置かれていたことに由来するといわれている。

P3230020  レンギョウの半つる性の枝は歪曲して伸び、下に垂れる。地面に接触した枝から根が出て、新しい株が生まれてくる。

 3年前にその新しく芽生えた株を西側に植えた。小さいながら黄色い花が咲いている。まだまだ小ぶりのレンギョウだが来年はもっと大きく育っていることと思える。

P3220013  小さい白い花を一杯に咲かせるユキヤナギ(雪柳)。南側にあるユキヤナギに白い花が咲き誇る。

 中国原産という説もあるが、日本原産である考えられている。

 1.5mほど伸びて白い花を咲かせるユキヤナギには怖いほど迫力を感じてくる。地面の際から枝がいく本にも枝垂れて、細く、ぎざぎざの葉をつけて育っていく。

 花は、雪白の小さなものを枝全体につける。そのさまからユキヤナギという名がついたといわれている。柳のようにしなやかに風にゆれている姿は貫禄さえ感じてくる。

P3220001 東側の端に花壇を作った。

 今まではほっといていた処。雑草に混じってドクダミやヨモギなどが咲き乱れ、草取りが大変だったので整頓をかねての花壇作りでもあった。

 腐葉土と黒土を混ぜ石レンガで囲っただけの完成した花壇。白い百合の花と曼殊沙華を植えていこう。

 わが家の猫どもが匂いを嗅ぎ、ポン太は早速トイレとして使用している。

P3240027  去年の春、電動耕運機を3万幾らでネット購入した。昨年ジャガイモを作った菜園に堆肥と消石灰を散布して、電動耕運機で耕す。

 ――早い。15坪の菜園を1時間30分で耕してしまった。クワ等で耕していたならば一日半はかかる行程だ。

 電動なので、我が家からコードをつないでの操作になっている。そのコードをうまく処理することが少々面倒だが、それでも早く、体が楽である。もっと早く購入しておけばよかったなと思えてきた。

P3220019-1  これから里芋の畝を作り、4月中ごろに里芋の種芋を植える予定。

 新型コロナウイルスの影響で図書館が閉館になっているのが痛い。調べたいことが多々あるが、今しばらくの辛抱だ。

 東京オリンピックも1年延期が決定してきている。小池東京都知事は東京でロックダウン(都市封鎖)など強力な措置を取らざる得ない状況が出てくる可能性があると言明している。本当に感染が終息することができるのか?

それでも季節は巡り、春のおとずれを我が家の菜園で感じていく日々なのだ。

          《夢野銀次》

 

|

« 上州倉賀野宿を歩く①…飯盛女の墓石「九品寺」 | トップページ

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上州倉賀野宿を歩く①…飯盛女の墓石「九品寺」 | トップページ