« 令和3年春季栃木県高校野球を観に行く | トップページ | 巴波川散歩Ⅴ…岡田嘉右衛門と翁島別邸(上河岸跡) »

21年5月ー夏野菜の植え付け

100_0072  5月の連休前に植え付けを行なった夏野菜の苗、苗。

 3月11日に植え付けした「男爵」や「メークイン」から花が咲き始めてきている。

今年のジャガイモの畝はいつもの東西ではなく、南北の長い畝で植え付けを行なってみた。

 「農家が植え付けしているジャガモの畝のようだな」と迫力あるジャガイモの株を観て一人悦に入る。一昨年入院中に妻に間引きを頼んだら、それぞれの株の間引きではなく、その列の畝の間引きと思い、かなりの株が間引きされた苦い経験が思い出されてくる。

100_0082   イチゴに実がなりランナーが出始めてきている。

収穫は妻に任せている。「甘いわね」とイチゴを食べ乍ら妻がつぶやく。

イチゴの形がスーパーで売っている形の良いイチゴになっている。これぞイチゴ哉。

「ようやくイチゴがつくれるようになったな」

100_0032  15年くらい前に初めてイチゴを栽培し、収穫したイチゴを職場に持っていった時のことが思い出されてくる。

  職場の同僚たちはまず、「へえー」と言って苺を一口食べる。しかしその後は無言…。

その時、随分と余ったイチゴを私はただ眺めていた。

今の苺なら全部食べてくれるだろうなと思いを馳せる。

100_0030 苺の手前の畝には「小玉スイカ」の苗3本を植える。

 赤玉、黒玉、黄玉の3種類の小玉の苗。風よけカバーをかぶせる。すぐに小玉の苗は成長する。

 2年前の咽頭がんを患って以来この「小玉スイカ」はうまいのだ。 昨年は菜園で収穫した小玉スイカが少なく、スーパーで常時購入し、毎日食べた。今年は多くの収穫を狙っていく。

100_0081  夏野菜の定番の「キュウリ」「ミニトマト」。支柱を建てる。

 三本のキュウリの苗を植える。網でを施した支柱から枝分かれしていくことを期待する。

昨年は早く枯れてしまったが、今年は多くのキュウリがなればなと思う。失敗しても妻以外に文句を言う者はいないということは気持ちが楽なのだ。

キュウリの隣にはミニトマトを植える。昨年の一本から二本にした。

枝が伸びて五段までいけば、それなりの収穫が見込めてくるのだが…。

100_0037   一番前が「ピーマン」と「シシトウ」を植える。その後ろの畝には「ナス」を植える。

 昨年のナスは7月末頃まで育ちが悪くどうしたものなのかと思っていたが、8月後半になるとすくすく育ち始めて、10月中頃まで収穫できるようになった。やはり我慢したのが良かったのだ。今年も成長を見守っていきたい。

 独特の花を咲かせる「オクラ」。その後ろには「ゴーヤ」。毎年支柱を横に増やしていく。今年もゴーヤジュースをたくさん飲んでいくようになるだろう。

100_0050  妻の希望で「ミニカボチャ」を左側に一本植える。普通のカボチャだと料理が難しとのこと。あとの二本の苗はスーパーで購入しているカボチャの種から妻が苗にしたのを植える。風よけビニールカバーを施す。

 苗は風に弱い。

 サツマイモの苗「紅あずま」を2日間水に浸して植えた。そのせいなのか、苗は枯れることなく根付いたようだ。

 4月10日に植えたサトイモの種イモ。マルチを施せば芽は早く出てくるが、最近は面倒になり、そのまま芽が出てくるのを待つようになっている。

 そろそろ芽がでてきても良い頃だ。

100_0091  4月で14歳になった「銀太」。

 我が家では10歳まで生きた猫はいなかったが、銀太はその記録を破り、長命として成長してきている。

 11年前の12月1日に所沢からここに引っ越してくる車の中で大量に小水した銀太。動物病院に行った時も小水をしてしまう。気の弱い猫なのだ。明け方、私の枕もとで寝ていたが、この頃来なくなった。二階に上がってくるのが億劫になってきたのかな?

100_0089  玄関先の花壇の前に今年も「月見草」の花が咲いている。花言葉は「ほのかな恋」。

 「待宵草」と云われているが、「宵待草」のほうがピンとくる。種もまかずに毎年咲く。庭先にも「月美草」が咲く。庭の草むしりの時に一緒に採ってしまう場合がある。妻が怒る。庭には草が生い茂る。それでも良いという妻。草取りが嫌いなのだろう。

 今年は梅雨入りが早まるとの話。

 梅雨入り前には草取りを終わらせておきたいと思うのだ。

                               《夢野銀次》

|

« 令和3年春季栃木県高校野球を観に行く | トップページ | 巴波川散歩Ⅴ…岡田嘉右衛門と翁島別邸(上河岸跡) »

家庭菜園と日々のくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 令和3年春季栃木県高校野球を観に行く | トップページ | 巴波川散歩Ⅴ…岡田嘉右衛門と翁島別邸(上河岸跡) »