家庭菜園

正月―我が家の日の出と三日月神社への参拝

013_2 平成28年(2016年)の元旦。――明方。

我が家の軒先から初日の出を見る。

ゆっくりと昇ってくる日差しは我が家の庭、菜園を照らし出してくる。

引っ越してきて6年目の新年を迎える。敷地にある家庭菜園。

昨年暮れにスコップで土起しを行なった。

土起しを行なった畑の土壌はふんわりと黒く盛り上がる。

――畑らしい土になってきたことを実感する。

020_2_2

 「玉ネギ」「ニンニク」を植えた畝の西側に、ビニールで風よけを設置した。

北西の風が強い土地柄なのだ。

 6年前に栃木市に戻ってきて、翌年の冬には耳たぶにしもやけができた。高校まで住んでいたが、できたことはなかった。風が強いのだ。

以来、耳当てをして、しもやけを防いでいる。

053  正月三日目、昨年からの懸案であった「三日月神社」へ参拝に行く。元旦には神明さんに初詣をしている。

 栃木市川原田町535番地にある「三日月神社」。栃木市総合運動公園の裏側にある神社だ。「月讀命」(つきよみのみこと)を現す「朏尊」(ひそん)を祭神として祀っている。

 1月3日は例大祭日。御神楽が奉納されるなど一番の賑わいをみせる日になっている。イボ・アザ・シミ・ソバカスを治癒させる神として根強い信仰がある。

 肌を綺麗にして欲しいと願うことから「豆腐」をお供えして参拝する風習がある。

052 境内は、早い時間のためなのか、参拝者は20~30人と思ったより少ない。

 新築された神楽殿が建っている。昨年、来た時には神楽殿は取り壊され、工事が始まる時だった。

午前10時過ぎ頃から御神楽が演じられるのかもしれない。

 ――まずは参拝をする。

拝殿の脇のテントで豆腐が売られていた。

 

040 …やはり売っていたのだ。一丁100円のお供え用の豆腐。

スーパーで売られている普通の豆腐だ。

 この豆腐、どこに置いたらいいのか?

社務所の人は指を指して教えてくれた。

拝殿にある御賽銭箱の前に豆腐が並べられてある。

 拝殿に進み、お供えの豆腐を置く。弐例・弐拝・壱例をしての参拝を行ない、参拝を終了する。

045 拝殿前にはたき火が焚かれ、数人の人が輪になって談笑している。

 地域の神社特有の囲みの雰囲気を感じた。甘酒を呑みながら、私と距離があると感じた。その距離を縮めるには少し億劫な気もした。よそ者として、私は見られている。御神楽の準備が進められていたが、帰ることにした。

 年老いた御婆さんが、豆腐のお供えをして参拝する姿も見ることもできた。

 豆腐をお供えして参拝する風習慣例は脈々と江戸時代から受け継がれている。実際にあることを知った。

三日月神社を訪れて、地域の神社寺院には長い歴史が流れていることを改めて感じた。

                         《夢野銀次》

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニンニク・ラッキョの収穫と栃木「朗読を楽しむ会」

Photo  6月の朝、ニンニクとラッキョの収穫を行なった。

 スーパーで購入した青森産のニンニク2個を植えたのが昨年の10月下旬。寒い冬を越してニンニクの実が成っていた。

 5月にニンニクを買おうとしたら、青森産のニンニク1個420円の標示だった。信じられない高額な値段にびっくりした。どうして高くなっていたのか分からない。

Photo_4  昨年は収穫してすぐ皮をむいて干して保存した。しかし、長くは持たなかった。今年は皮をむかないないで泥だけを落として干して保存することにした。

 当分はニンニクには不自由はしない。

 

Photo_5 ラッキョの収穫も行った。

苗が枯れ始めてからの収穫だ。

 昨年は土壌の良くない畝に植えて育たなかった。そのため、ホームセンターで購入した苗を秋に植える時には、畝づくりを慎重に行なった。

 堆肥、腐葉土、黒土を混ぜての土壌づくりだった。「家庭菜園は土にお金を落とすものだ」と言われたことがあるが、そんな言葉は気にしないことにしている。

Photo_6

 収穫したラッキョはその場で水洗いをする。あとは妻がラッキョの漬物をつくる。

 味噌を付けたラッキョは酒のつまみで食べる。「うまい」

 今年の秋も植えよう。

 6月14日(日)の午後、栃木市図書館の本を借りに行った。「戦後70年を読む」という朗読会が2階の会議室で調度始まる所だった。会場入り口は来場者の受付で混雑していた。70人が入った客席の一番前の席に座る。図書館という場所柄、マイクは使用できないことになっている。ステージには檀上と椅子。脇には花瓶と質素であった。ただステージは薄暗く、ライトで照らして欲しかった。

002_3  「戦後70年を読む」という栃木図書館主催で4月から連続3回目の朗読会ということになっていた。

  6人の朗読者による朗読の中で印象に残ったのは長野県上田市にある美術館館長窪島誠一郎が書いた「無言館の青春」。第二次世界大戦で没した画学生の絵が掲げられてある。私はまだ行ってはいない「無言館」。朗読の中にでてくる「家族」と「妻」の画。観に行きたいと思ってきた。

  そしてもう一つは大川悦生作の「おかあさんの木」。男の子供7人を戦地に送ったおかあさんが桐の木を植え、水をやりながら、語りかける母親の姿が朗読の中から浮かび上がってきた。…良かった。

 朗読会は初めての体験。かつての「新劇」の中での独白とダブりって、久しぶりに「演劇」を観たという感慨に浸ることができた。

Photo_7  栃木市にある「朗読を楽しむ会」。ネットで検索した。もう14年近く活動をしていることが分かった。栃木市文化会館において本公演も行なっている。今年の秋にも本公演を行うとのことだ。楽しみだ。

 これからは「朗読を楽しむ会」の活動を注視していくことにする。

 さつきの花、今年も咲いてくれた。

  あまり手入れはしなかった。――というより手入れの仕方を知らない。

 少しは反省しないといけない。

                    《夢野銀次》

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャガイモ・絹さや―花が咲きました

Photo 5月中旬。ジャガイモに花が咲きました。新しい畑でのジャガイモ、収穫は6月中ごろと予想する。

 

Photo_2

 

  昨年より少ない絹さやの苗を植えた。

 

 この倍の苗を来年は植える。

 

Photo_91

 所沢から植替えた月見草。

 

 

 

 

 

Photo_81_3

 

 

 ニラ・ラズベリィ・イチゴも所沢の畑から移植し、どうらや新しい葉が出てきてきた。

 

 

 

Photo_61_2

 今度のイチゴの実は甘い。

 

 赤い実のイチゴが顔をだしている。

 

Photo_51_2

 

 

 

 だめだと思っていたラズベリィ。どうにか新しい芽が出てきた。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)